神戸元町労務管理サポート 社会保険労務士 角森洋子(元労働基準監督官)による就業規則作成、変更支援

営 業 理 念

 「利益追求のみでない中小企業」の労務管理の支援をしたいと思っています。最低基準であるはずの労働基準法や最低賃金法すら守らない企業経営は、社員の生活を犠牲にしひいては顧客や社会にとっても悪い影響を及ぼし、企業の存続をもおびやかすことになります。
社会的責任を果たす企業すなわち、

(1) 従業員を大切に扱う
  (2) 顧客の満足を追求する
  (3) 企業の利益を追求する

そのような企業の労務管理を応援します。

営 業 内 容


1 就業規則作成

2 是正勧告対応

3 労務管理相談

人事労務管理に関する相談・指導
  労働安全・衛生に関する相談・指導

4 労働保険(労災保険、雇用保険)の手続代行

5 社会保険(健康保険、厚生年金保険)の手続代行

6 労働基準法、労働安全衛生法、最低賃金法に基づく各種届出等の手続代行

7 障害年金請求代行(厚生年金、国民年金、共済年金)
障害年金請求事例 統合失調症で5年遡及
精神発達遅滞 再請求成功例

同時に労災保険給付請求手続代行

8 各種助成金申請

9 講師活動

テーマ:
過労死・精神疾患と安全配慮義務
労働時間と健康管理
メンタルヘルス対策と法的必要性
労働契約法
障害年金請求手続
労働災害防止と管理職の役割
労働基準監督署への対応
安全大会
etc.
実績
兵庫産業保健推進センター研修会講師
全国の社会保険労務士会
全国の労働基準協会
兵庫県内商工会議所
出版社
障害者の保護者団体
障害者支援施設
兵庫県内医師会
一部上場企業始め個別企業の研修会
企業の協力会
経営者団体
労働組合
行政の各種事業
etc.
  
10 執筆
著書 「改訂 労働基準監督署への対応と職場改善」労働調査会
労働関係雑誌に記事執筆
「労政時報」 毎月連載
「労務事情」産労総合研究所
「Leadership Development Note』キャリアクリエイツ
  「人事労務のQ&A」(社)日本労務研究会
その他多数

  

個人情報保護方針

当事務所は、お客様からの個人情報を収集する場合は、お客様に利用目的をお知らせした上で、利用目的に必要な最小限の範囲内での収集に務めます。

当事務所は、業務遂行上の必要があり、かつお客様の了承を得たとき以外において、お客様の個人データを第三者に開示提供することはございません。

当事務所は、お客様の個人情報の取扱いについて苦情があった場合、適切かつ迅速に対応します。

当事務所が保有する個人情報について、お客様から開示請求がされたときは、ご本人であることの確認を取った後、合理的な方法にて開示いたします。

当事務所は、関連する法令、その他のガイドラインを遵守し、個人情報保護の取り組みに努めます。

 

 角森洋子プロフィール:

? 資格:
特定社会保険労務士
労働衛生コンサルタント
安全管理者選任時研修講師資格




兵庫産業保健推進センター 法令担当特別相談員
障害年金支援ネットワーク会員

1977〜1991

労働基準監督官として、東京労働基準局(現東京労働局)、兵庫労働基準局、石川労働基準局、富山労働基準局勤務

1993

社会保険労務士資格取得

1999〜2005

富山労働局労働時間改善コンサルタント、労働条件改善アドバイザー
全国労働基準関係団体連合会 中小企業委託事業 時短アドバイザー
富山商工会議所 育児・介護雇用環境整備事業アドバイザー
労働基準法講師活動、「富山県の賃金事情」始め賃金・労働条件関係資料、報告書執筆

2005、4月〜

神戸市へ移転 社会保険労務士事務所開設

?2006 ?兵庫産業保健推進センター 法令担当特別相談員
2009 労働衛生コンサルタント資格取得
?2011 ?神戸市中央区に事務所移転、事務所名変更

 就業規則を守った経営がコンプライアンス経営
コンプライアンス(compliance)経営とは、法律を守るだけでなく、さまざまな企業倫理、社内ルール、業務マニュアルそして守秘義務等を守って経営を行うこと、守るための環境を作っていくことを意味します。当然就業規則を守った労務管理、活用した労務管理がこの中に含まれます。

就業規則に秘密厳守や持出し禁止の規定を
   雇用流動化あるいは雇用形態の多様化、アウトソーシングの活用、ITの利用によって、会社の内部の情報が漏れる可能性は格段に増し、実際に流出した例は数多くあります。就業規則に秘密厳守や持出し禁止の規定を記載し、それを守らせることが大変重要になっています。

   就業規則が問題発生を防ぐ
   雇用の流動化が進む中で、従業員の会社に対する忠誠心が以前よりも薄らいで、問題のある会社からは逃げていく、あるいは内部告発をするということも少なくありません。就業規則を活用した働きやすい労務管理が問題発生を回避します。

 就業規則の活用をお手伝い
   変わりつつある経営環境で、就業規則の役割は大きくなっています。労働基準監督署対策という意味合いのモデル就業規則に文言を加えたもだけのものでは活用できません。もう一度就業規則を取り出して、見直してみませんか。就業規則の活用をお手伝いさせていただきます。

神戸元町労務管理サポート
(旧かくもり労務管理事務所)

〒650-0012
兵庫県神戸市中央区
北長狭通5-2-19
コフィオ神戸元町311号室

JR元町から徒歩2分

TEL 078-599-5018
FAX 078-599-5019

Mail y.kakumori@nifty.com

プロフィール

角森洋子
特定社会保険労務士・
労働衛生コンサルタント
(元労働基準監督官)

詳しくはコチラ

このページのトップへ戻る