神戸元町労務管理サポート 社会保険労務士 角森洋子(元労働基準監督官)による就業規則作成、変更支援

HOME 営業内容 契約の流れ 是正勧告 労働時間    労働相談Q&A  労務管理情報

新着情報

2013.8.25

第1回労働安全衛生法における機械等の回収・改善命令制度のあり方等に関する検討会 資料

 昭和63年の法改正により労働安全衛生法第43条の2が新設され、国による機械等の譲渡者に対する回収・改善命令制度が創設されたが、近年の状況をみると、現状の命令範囲に入らない欠陥のある機械等の事例や、多数の機械等を譲渡しており販 売先が不明である等、回収・改善を促進させる必要がある事例が見られるところである。
 これらの状況を踏まえ、第12次労働災害防止計画においては、機械の重大な欠陥により重篤な労働災害が発生し、当該機械販売先が特定できない等、同種災害を防止する必要がある場合は、発生した労働災害の内容、機械の製造者名等の公表や、 製造者による回収、改善を図る制度を検討することとされている。
 このため機械等による労働災害の防止を図るため、欠陥のある機械等の回収・改善命令(要請)のあり方、回収・改善を促進させる方策等について、検討を行うこととする。

資料

2012.2.22
厚生労働省では、受動喫煙防止対策に取り組む事業者のために、以下の3つの
支援を実施


■ 1 受動喫煙防止対策に関する電話相談 

【相談の例】
・ 職場の受動喫煙防止対策として、何から手をつけたらよいのか分からない
・ 新たに喫煙室を設けたいが、どんな設備が必要なのか分からない
・ 喫煙室を設けているが、換気能力が条件を満たしているか分からない
・ 飲食店で分煙が難しいが、喫煙席に換気設備を設置して環境を改善したい など

【相談ダイヤル・詳しい内容はこちら】
☆ 相談ダイヤル:03-3213-1012(受付時間:平日9時〜12時、13時〜17時)
※ ご利用の際は、建物の構造、階数、床面積、従業員数などが分かる資料
をお手元にご用意いただけますと、より具体的な相談ができます。
☆ URL: http://krs.bz/roumu/c?c=6311&m=455&v=f5022c46
(平成23年度事業受託者:東京海上日動リスクコンサルティング株式会社)

■ 2 職場内環境測定支援(たばこ煙濃度などを測定する機器の貸与)
対策に必要なデジタル粉じん計や風速計を無料で貸し出
しています(往復の送料のみ利用者負担)。初めての方でも簡単に測定でき、職場
の空気環境の基準(【参考】のURL)を満たしているかを確認することができます。
なお、機器の貸出期間は1週間としています。

【参考】「職場における喫煙対策のためのガイドラインについて」
(平成15年5月9日付け基発第0509001号)
http://krs.bz/roumu/c?c=6312&m=455&v=83e7157b
・非喫煙場所と喫煙室等との境界において喫煙室等に向かう風速を0.2m/s以上と
するように必要な措置を講じること
・顧客が喫煙できる場所であっても浮遊粉じん濃度を0.15(mg/m3)以下とするよ
うに必要な措置を講じること

【受付ダイヤル・詳しい内容はこちら】
☆ 受付ダイヤル:03-5625-4296
☆ URL: http://krs.bz/roumu/c?c=6313&m=455&v=1894ffaf
(平成23年度事業受託者:柴田科学株式会社)

■ 3 受動喫煙防止対策助成金制度(対象:飲食店、旅館などの事業主) 

飲食店、ホテル、旅館など、顧客が喫煙できることをサービスの一環として提供
している事業を営む中小企業を対象に、喫煙室の設置などに要した費用の一部を
助成する制度を設けています(助成率1/4、上限200万円)。
詳細な内容、手続きについては、こちらをご覧ください。
http://krs.bz/roumu/c?c=6314&m=455&v=6e2d6701
【職場の受動喫煙防止対策に関する支援制度】
http://krs.bz/roumu/c?c=6315&m=455&v=f55e8dd5


2012.1.30
「職場のパワハラ」概念、取り組み例が整理されました。


厚生労働省の「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議」ワーキ
ング・グループは1月30日、報告書をまとめましたた。
「職場のパワーハラスメント」の概念、行為類型、予防・解決のための労使の取り組み例などが内
容です。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000021hkd.html